« 小学4年生が。。。!? | トップページ | 本当か?エイズ予防 »

2007年3月30日 (金)

「おじいちゃんキャラ」について

芸能界におけるタモリの位置を「おじいちゃん」と記したコラムがあった。
年齢的な意味では、もちろんない。父の責任はなく、もちろん母でも祖母でもない、「自由気ままなポジション」という意味合いでの「おじいちゃんということである。  (exite)

「おいしいキャラ」てあるもんだ。
わがまま言っちゃっても許されちゃう「お嬢様キャラ」女とか、
女の子の集団の中にも なぜか溶け込んじゃう「いい人キャラ」男とか
身の回りにはいろいろんな ポジションがある。

で ここで紹介されていたのが 「おじいちゃん力」。

そもそもタモリは いろんなクイズ番組で見ていても、本当に博識だ。
知識の幅が広いし、相談にのってくれそう。 「懐の深さ」を感じさせる。

そのクセ 司会していても「へぇ」とか 「ふぅん」なんて 興味ないときはテキトーな相槌を打ち、
興味あることが出てくると しつこくしつこく からんできたりする。
タモリ倶楽部なんて 本当にマニアックなことを うきうきと楽しそうにやっている。
(例えば、鉄道についてとか、線路の補修の仕方とかに夢中になる。)
まさに 『オトナげない』って 感じ。

時には、特技などをシロウト相手にムキになって争ったり、
番組で料理を食べて「これは 全然おいしくないね」なんて 容赦なく言い放ったりする。

その自由さは たしかに「おじいちゃん」的だ。
いや もちろん 老齢という意味では全くない。

無責任にいろいろ言ってきたり、だけど 何かを訊いたらみんなが知らないことまで知ってそうなところが「おじいちゃん」なのだ。

その自由な感じが 肩に力が入った"オレ 面白いだろ?!"的なお笑い芸人とは違うのだ。
"オレ 大物だろ?!”的な威圧感のある 大物スターとも違う。

「ま、好きにやって下さい」というような どこか 飄々としたスタンスの立ち位置は
よく考えてみると おいしい~。

女のオイラでも「おじいちゃん」キャラのおいしさに思わず見習いたくなってしまう。
上の記事では 次期おじいちゃんキャラは 『黒バラ』などで 見られる仲居くんだと評しているが、このキャラ これからの定番になるかもね。

あなたの身の回りのキャラに「おじいちゃん」はいないか 探してみよう。


 


ちびまる子ちゃん全集1991 「おじいちゃん ベルトクイズに出る」の巻 DVD ちびまる子ちゃん全集1991 「おじいちゃん ベルトクイズに出る」の巻

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/11/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 小学4年生が。。。!? | トップページ | 本当か?エイズ予防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学4年生が。。。!? | トップページ | 本当か?エイズ予防 »