« 親知らずを銀行へ?! | トップページ | 脱 B型。 »

2007年4月 3日 (火)

人殺しの練習

上田清司埼玉県知事は2日、新規採用職員就任式の式辞で
「自衛官の人たちは大変だ。分かりやすく言えば平和を守るために人殺しの練習をしている。国民の命、財産を守るためだから偉いと褒め称えなければいけない」と述べた。
  (ZAKZAK)


この人 頭おかしいんですか?

続けて 警察官は 「人を見れば泥棒と思ったり」できなきゃいけない。
県職員は「崇高な使命のもとに 人を痛めつける練習をしなくてはいけない仕事と違って多くの人に喜びを与えて感謝され、自らも喜びを感じることができる仕事」なんて褒め称えたらしい。

いつから 自衛官は人殺しになったんでしょうか。。。。。
オイラ知らなかったです。 もしかして自衛官はイラクで 人を殺してるんですか?
駐屯所では 毎日毎日人を殺すための、映画の「シュリ」みたいな軍事訓練してるとですか?
( ̄□ ̄|||)ガーン

「警察官」は市民の味方じゃないんですか?いつもアイツら 人を見たら泥棒と思ってるんですか??? それが警察官の資質で 仕事だったんですか~。。。納得(違)

この上田知事は 結局何がいいたかったんでしょう。
本人のコメントは「分かりやすくたとえようと思った」といってるらしいですが、
全く分かりやすくありません。

何?つまりは
「県職員は 人殺しの練習もしなくていいし、人を見たら泥棒と思わなくてもいいし、「崇高」で「感謝」される仕事だから ありがたいと思いなさい、と。
君たちは 「県職員になれて 本当に良かったね。おめでとう」
ということでよろしいでしょうか。

時しも 3日ほど前に 埼玉の入間基地に パトリオットミサイルが装備されました。
戦争する気 満々なのかと思ってしまいます。
自衛官は 国を守るのが仕事。震災や人道支援をするのが「自衛隊」だと思ってましたが上田知事の頭の中は 自衛官=「軍人」ですか。

そんなヤツが埼玉県知事。
だから パトリオットミサイルのような 防衛には 屁の役にも立たないもの置くことになるんです。

自衛官、警察官、並びにそのご両親らに 深く同情いたします。
「人を殺す訓練をするため」「人を見たら泥棒と思う」人にするために育てたわけじゃないでしょうに。




戦争における「人殺し」の心理学 Book 戦争における「人殺し」の心理学

著者:デーヴ グロスマン
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 親知らずを銀行へ?! | トップページ | 脱 B型。 »

コメント

ほんとだよね。なんかおかしい、人間たち
仲良くしろなんて言って、人の悪口を言って喜んでるような・・・ねたみとか・・・そういうのうんざりなわけで・・・

だから私は宇宙人。

投稿: ろぼ | 2007年4月 3日 (火) 21時41分

>ろぼ
なぬ?宇宙人だったのか!?
ろぼじゃないのか?

投稿: うっち | 2007年4月 4日 (水) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親知らずを銀行へ?! | トップページ | 脱 B型。 »