« 2007年5月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年6月

2007年6月 1日 (金)

タッチタイピング

ンターネットコム株式会社と株式会社クロス・マーケティングは「タイピングに関する調査」を行い、
キーボードを使った文字入力に対するユーザー意識を探った。

「タッチタイピング」が「完璧にできる」との回答は 300人中17人(5.7%)


昔は、ブラインドタッチとか言ったけど、今はタッチタイピングって言うんだね。

で、 この 調査は 10代から50代の男女ユーザー300人。
男女比は それぞれ50%。年齢も 10代から50代を20%ずつ、抽出。

結果としては、タッチタイピングができると答えたユーザーは300人中17人
「ほぼできる」が110人で 約40%の人が だいたい習得しているらしい。

逆に「常に見ながら打っている」という人は、62人
けっこういるなぁ、と思うけど、まあ 自分の周りにいる50代の人考えたら、
打てるだけ いい出来なのか?

ただし、タッチタイピングが「完璧にできる」という回答者の中で、
「すべての指を使う」と答えた人が 17人中11人
つーか 残りの人はどんなタッチタイピングなんだ?

見なきゃそれでいいのか?
正しいポジションで打つから タッチタイピングなんじゃねーのか??

と つっこみどころがもりだくさん。

うっちの周りにもタイピングに関しては、我流という人が多い。

中でも 変なのは、人呼んで「雨だれ打法」
右手と左手の人差し指だけで 器用にぽちぽち押すやつがいる。
なのに かなり早い(笑)

他にも 人差し指と中指と親指だけ使う人もいる。
薬指と小指は やけにピーンと伸びてて ちょっと オカマちっくでキモイ。
それはそれで 逆に器用だなぁと 思ってしまう。

でも タイピングなんて なれちゃえば、なんでもいいじゃん、て思う。

うっちはかな打ちなんだけど、
今までで 自分より早い!と思える人に 一人だけであったことがある。

その人は。。なんていうのかなぁ。。。。神業的な。
指がほとんどキーボードから離れないというのかな?
カタカタという 音じゃなくて、フニョフニョって感じ?
宙に指が浮かないから なでるように打っていくのだ。

ありゃ すごい。
負けた!て感じ。

うっちもかれこれ 20年以上 タイピングをしてるけど、
やっぱり 結論としては正しい ポジションで打ってる人のほうが早い。
これは 確かだ。
「J」と「F」のホームポジションに常に人差し指をおいていない人は 論外だ。
10本の指は 常にフル活用しなきゃ、同時に押したりできないし。

それから、タイピングゲームで練習する人が多いけど、
実用的と 微妙に違う。
実際に使うときは、漢字の変換や「、」「。」、特殊文字や改行も必要だから、
変換のタイミングや区切り方、漢字変換の順番やクセもマスターしないと
もたもたしてしまう。

一番 練習にいいのは「チャット」だと思う。
「掲示板」に近い リロードタイプじゃなく リアルタイムチャット。

話が進んでいるのに、画面から目をそらしたら、
会話についていけないし、
絶妙なタイミングで 自分の言いたいことを短く、わかりやすく伝える、
という意味でも、チャットは練習には ぴったりだ。

長すぎても短すぎてもいけない。
誤解を招かず、でも 自分らしい言葉で自然に会話するには
タイピング自体に注意がそれていたら、できないことだから。

昔、チャット上で喧嘩したことあるけど、
喧嘩の時は 口数減ったら負け(笑)


うっちが最近チャットをするのは オンラインゲーム上なんだけど、
画面から目をそらしたら、自分のキャラクターが敵にやられて死んじゃう(笑)

画面を見つつ、すばやく チャット!
鍛えられます。

最近は ゲームとチャット、どっちが楽しくて やっているのかわからなくなってきた。

ま、少なくとも、頭の中で変換が必要なうちは 
タッチタイピングとはいえないと思う。

何も考えないで 無意識に打てる。
これが タッチタイピング。

頭の中で 今でも ローマ字変換してる人がいたら、それは
まだまだ 神の領域には とおーい。

書くよりも早く、下手すると自分の頭の中で文章ができあがるよりも早く、
手だけが動く。
これができれば PC万歳だ。

これだけPCが普及して、ネット人口も増えたのだけど、
それでも 技能格差というのは あるようだ。

はたして あなたは、300人の中の17人だろうか。
それとも まだまだ62人のほう?








ゾンビ打 THE TYPING OF THE DEAD Software ゾンビ打 THE TYPING OF THE DEAD

販売元:セガ
発売日:2005/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する



| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2008年1月 »