« ブログネット ウツチ | トップページ | ペンタブレットの虜♪ »

2008年4月10日 (木)

どたばた日銀総裁まつり ワショーイ

Ginko

戦後初の空席が続いていた日銀総裁人事が、
混迷の末に決着した。

就任して間もない白川方明(まさあき)副総裁を
総裁に昇格させる政府の人事案が国会で同意され、
総裁不在という異常事態は
 
約三週間ぶりに解消された。
  山陽新聞


正直な話。
うっちは 経済問題が ちょ~苦手 (ノω・、)
デフレだとか 金利とか 言われると 脳みそがかゆくなる。

だから、経済問題は避け続けてきたんだけど、
今回は どらかといえば 政治問題に近いので、無理してGO!

さて、連日テレビでは フクダ総理と オザワ党首が
あーだ  こーだ 騒いでおります。

で、そもそも日銀総裁人事とはなんなのか。

「日銀」とは 日本銀行。   それくらい、誰でもわかってる!!

日本銀行って何かっていうと、
あたしたち一般人がお金を預ける銀行とは違う。
銀行にとっての 銀行であり、日本政府にとっての銀行でもある。
つまり 銀行の大親分だ。 TOP of THE 銀行

何やってるのか。
一言で言えば 「経済を安定させる」のがお仕事。

具体的に言うと、
①お金(紙幣)の発行 ②物の値段の安定 ③金融システムの安定
てな 感じ。

言い換えれば、日本経済を 生かすも殺すも 日銀しだいなのだ。

そう考えると、日本銀行の総裁というポストは、
TOP of THE 銀行のトップ
つまり 日本経済の総司令官みたいなもんだ。

政治のトップが首相なら、経済のトップは日銀総裁っつーこと。

いかに 大切か 分かってきたでそ?

で、そんな 重要な人物なので、 日本銀行の中だけで
「この人に決めましたー」って 決めることはできない。

国会で選ぶわけだ。

今回 問題になったのは、
与党が 候補者を出しても 野党が「ダメ」って 言ったから。
それも ダメ出し2回。

どうして 二人の候補者がダメだったかというと、

もともと、日本銀行では 少し前まで こういう習慣があった。

日銀総裁の任期は5年なんだけど、
その5年ごとに、日銀出身(就職した時から日銀)の人と
官僚出身(大蔵省(今でいう財務省)にいた人が かわりばんこに
総裁になるって決まってた。

政治で金を操ってるのは 大蔵省(今は財務省)だから
仲良くやろうってことだよね?

でもこれではよくない!と。
もう 財政と金融の癒着(ゆちゃく)は やめようじゃないか、と。

それで この今までの「お約束」は やめになった。
おかげで、先月まで総裁だった 福井 前総裁は日銀出身者だったのに
総裁になれた。(前々総裁も 日銀出身)

野党・民主党は これをもって、
官僚出身の日銀総裁には 反対だ!と。

日銀総裁ってのは 天下りの中でも一番いいポストだからね。
そういう 天下り的なものは全部 廃止にしようじゃないか、
て 感じなことを言った。

で、自民党が 1番最初に 選んだのは武藤さん、ていう人で、
この人は 前総裁の下で副総裁をしていた人だ。
かつて 大蔵事務次官をしていた人でばりばりの官僚出身。

なんで この人を選んじゃったかっていうと、
武藤さんは 財務省だけじゃなく、日銀の内部で人気があったのだ。
「彼を知ってる人の中で、彼を悪く言う人はいない」
と 言わしめるほど 人望があった。

ついでにいうと、2年前にあった村上ファンド事件の時に、
  (インサイダー取引で「聞いちゃったかと言われれば、
    聞いちゃってるんですよねぇ」
と言って つかまったあの事件)
福井 前総裁も かつて投資していたことがばれて、
辞任だ!なんだ、て大騒ぎになり、
それを収拾したのが、当時 副総裁をしていた この武藤さんって人なのだ。

つまり 日銀としては その時の借りがあるんだね。

こういう人物だったから、与党としてはこの人を選びたかった。

でも 民主党は 「NO!」  官僚出身? ダメぇぇぇぇぇ (≧◇≦)乂

ちなみに、総裁を選ぶ時は、同時に副総裁を二人選ばなきゃならないんだけど
最初の人事案で、与党は

総裁=武藤さん 副総裁=白川さん、伊藤さん

と、候補をあげたんだ。
民主党は 「副総裁の白川さんだけOK!good」と言った。

日銀の出身だし、何よりも もし総裁が決まらなかった時に
副総裁が誰もいないって訳にはいかないからだ。
 (副総裁が代理をつとめる)
だから 民主党も 副総裁1人は どうしても決めなきゃならんかったっつー訳がある。

さてさて、与党は 次の候補を出さなきゃなんない。
前総裁の任期は 3月19日で切れる。
でも与党は、
どうせなんだかんだいって ぎりぎりに案を出せば
野党も飲まざるを得ないだろう、て 考えてた。
「まーさか、日銀総裁不在なんて ありえねー」と
たかをくくってたんだね。

ところが ありえないことが、ありえたんですねぇ。

次に与党が出した 2番目の候補者は 田波さん
この人も 官僚出身の方だった。

民主党としては、時間がないからといって、
1人目は官僚出身で 「ダメ」って言ったのに
田波さんに対しては 「OK」って 言うわけにいかない。

ということで 民主党は2回目も 断固拒否。
(ただし、この時もう1人の副総裁は西村さんて人に決まった)

さてさて、ここにきて与党も 怒りまくった。
「なんやねん!」と。
「そんなに 文句ばっか言うなら 誰がいいか言ってみろ!」てな
感じで 吠えた。

でも 民主党としても ここで言うわけにはいかない事情がある。

もし、誰かを選んで、のちのち景気がどんどん悪くなったら
野党なのに 経済の責任をとらされるハメになるからね。
だから ( ̄ー ̄)フフン みたいな態度をとった。

一方、ここにきて 違う事情も出てきた。

「G7」がせまってきたのだ。
G7ってのは 世界の国(主要7カ国)の 金融トップが集まって
世界経済について語る とっっても大事な会議だ。

G8とは違うよ?G8は大統領とか首相が集まるやつ。
Gメン75 とも違うよ?  フルッ

G7は 明日(4月11日)にワシントンで行われる。
その時に、
「日本は 今 金融トップは いませ~~ん ヽ(。_゚)ノ 」
ていうわけにいかないのだ。
そんなの国の恥だ。

で、自民党としては もうこれ以上拒否されるわけにいかない!
そこで 民主党が反対できない人物、
つまり 1番最初の人事案のとき、
民主党が ただ1人 「OK!」といったために 副総裁になった
白川さん
この人を 総裁におした。副総裁になったばっかだったのにね。

さすがに 民主党もこれには「NO!」といえない。
日銀出身だしね。

ま、そんなこんなで、昨日、一応の決着がついて
総裁は決まった。
白川さんが 抜けた分の副総裁の席はあいちゃってて
副総裁候補に選んだ人は 却下されてるけど。
ま、とりあえず 一段落と 言えなくもない。


で、この どたばた日銀総裁人事 なんだけど
結論から言っちゃうと、
なんやねん。

誰も 何も 得しないまま 終わってしまった。

そもそも 自民党としては スムーズに決めることができず
かなり 恥を かかされた。
何回も 拒否されて フクダ総理は 
党首会談で 小沢党首に対して 涙目でグチを言う始末。(ノд-。)

しまいには この前の暫定税率のことも含めて、
フクダ政権は 
今月いっぱいか??解散総選挙??
みたいな
いやぁな 空気が流れ出しちゃった。

じゃ 民主党は 何か得をしたのか?

何回も拒否したせいで 戦後初めて日銀総裁不在を引き起こしたとして
どちらかというと民主党もせめられる結果に。

本来なら 解散総選挙に もちこみたい民主党だけど、
今 総選挙をやっても 国民にとっては
これまで見てきて 「自民党も民主党もどっちもどっち」
的な空気を生み出した。

だって 本来なら 
「武藤さんの金融政策は×××だからダメ」とか
「こういう理由で 手腕に問題がある」とか言うなら納得だけど
「官僚出身だからダメ」って。。。。そんだけかい!

仮に この先 民主党が与党になったとしても 
財務省を完全に敵に回しちゃったからね。
得どころか 損ばっかりなんじゃない?

こうしてみると どっちも 「負けた」て 感じ。

それだけじゃぁない。

景気回復が 本調子になる前に
サブプライム問題やら円高やらで尻すぼみの 日本経済に対して、
世界の金融関係者は
「日本は 金融トップもまともに決められないのか ┐( -"-)┌ ヤレヤレ 」
と あきれている。

日本銀行の総裁ってのは 金融政策の いわば司令塔だ。
その権威に 深く傷がつき、信用を失ったのは
日本経済にとって 大きな痛手。
日銀の歴史に残る オソマツ人事と言わざるを得ない。

結果として 日本の発言力は ますます弱まったわけだ。

痛み分け、という言葉があるが、
今回は痛み分けどころか 全員が 深い痛手を負い、
国民不在の 「日銀総裁まつり」としか 言いようがない。ワショーイ


ていうか、そもそも 経済問題だめだめなうっちから見ても
日銀って ちゃんと機能してるのか?? と思う時がある。

金利がゼロって どうなんよ。
利上げのタイミングも失敗してるし、
景気はよくなってる、て 言ってる割には 全くもって実感できないし
円高にはなるし、
いや そもそも 円安だったことのほうが おかしかったんちゃうん?

円安で得する人って 結局 大企業ばっかじゃん。
つまり、
日本の製品を 海外で安く売ることができる大企業
言い換えれば、経団連にいるようなヤツラが うまい汁を吸ってただけだ。

内需向け(国内向け)の企業にとっては苦しいばっかりで、
おかげで一般的には 給料もあがらない。
次々と 小さい企業は倒産していき、
経済苦で自殺する人は戦後最悪にまでなっちまった。

世界の中で見ても 金融政策に失敗し続けている日本は
グローバル経済のお荷物だ。

この責任は 誰にあるんだ?

もちろん ほとんどの責任は 政府だし、
無策な政府を支持し続けた、
あたしたち国民の責任でもあるんだけどさ。

なんか すんなり任期満了して 福井 前総裁は勇退した、
みたいな感じになってるけど
これまでの 責任はないんかい?

日銀の独立性がどうのこうのって 民主党は言うけど
十分独立してるように思う。
悪い意味で。

だって こんなに経済がめちゃくちゃでも
しらんぷりだもんね。
政治家だったら選挙で落とせるけど、
日銀は関係ない。

福井 前総裁ってのは かつて バブルの時期に
日銀で、そもそもの不良債権の元となった
「お金ばんばん貸しちゃうよ (b^ー゚)」
て 体勢を作った超本人だ。
さらに バブル崩壊後は 副総裁として
資金の供給を減らし、90年代の大不況も招いたとも言われてる。

で、そんなどん底景気の 真っ只中に、
彼は総裁に就任したのだ。

いわば、「これ以上悪く しようがない」てタイミング。

案の定、景気は息を吹き返し始めた。
大手銀行はもち直し、円安のおかげで
輸出の伸びもいい。

あとは 景気がよくなるだけ。。。。て とこで、
結局 よくはならなかったじゃん。

はっきり言うと 日本経済の舵(かじ)とりに 
失敗しまくり ( ̄_ ̄|||) ドナイナットンネン

そんな人がのうのうと 総裁のままで居続けて、
円満に任期満了、て おかしかないか?

ぶっちゃけ 日銀の舵取りを根本から 変えろ! て 思わんか?

日銀出身か、官僚出身か?

はぁ?

民間から出せ!!!щ(゚ロ゚щ)

いやいや、もういっそ 海外から 連れて来たほうがいいんじゃね?

結局、日銀だ 官僚だ、なんて やってたら
いつまでたっても やってること 変わらないんじゃないかと
うっちは 思うのだ。

ま、うっちは所詮 シロートなんで 
まともな金融政策の意見なんて 言えないけど。

さてさて。

何はさておき、昨日正式に就任した 白川新総裁

かつて福井 前総裁の金融政策に 反対したこともあるというから、
実は なかなか 骨のある人物かもしれない。

なしくずしに 総裁になったような感はあるけれど、
半世紀ぶりに50歳代で日銀総裁に選ばれた(白川新総裁は56歳)
若いパワーで ほんとに 何とかしちゃってください。
お願いします。人( ̄ω ̄)






日銀総裁のトンデモナイ野望 日銀総裁のトンデモナイ野望

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する




|

« ブログネット ウツチ | トップページ | ペンタブレットの虜♪ »

コメント

ほお~難しいですね~
なんとなくわかりやんした

最近の日本の保育園もおかしくなり
父母達も「おはようございます」も言えなくなり
鼻ピアスや耳ピアスのお父さん 金髪でギャル系お母さんも増え、ぞうきん一つ縫えない母は100円ショップで買うわけですよ

それが普通の世の中に・・・こわいですね~

投稿: ろぼ | 2008年4月12日 (土) 20時51分

>ろぼ
こわーーーい(ノ◇≦。)
まじ 世も末だよねぇ。
子どもが学校いってる時間
親の学校も開けばいいんじゃね?

投稿: うっち | 2008年4月12日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログネット ウツチ | トップページ | ペンタブレットの虜♪ »