« みまも~るくん | トップページ | 転載は 忘れた頃にやってくる »

2008年4月21日 (月)

絶対評価って 何が絶対じゃ!

Test

2回目となる文部科学省の全国学力調査が
22日、実施される。

(中略)だが、1回目の分析はまだ継続中。
私学は参加見送りが増え、意義が問われつつある。  (asahi.com)


昨年から正式に 復活した 全国実力テスト。

といっても 全学年が受けるわけではなく、
小学校は6年生だけ。中学校は3年生だけが対象だ。
しかも 国語と算数(数学)だけの試験。

私立の参加は 53.3%と低いものの
(受けることのメリットがないから当たり前)
公立校に関しては
国立と 愛知県犬山市(拒否している)以外の公立全校が受ける。


問題はいろいろあるだろう。

以前 廃止された原因ともなる、学校間の競争、
点数だけにこだわった過剰反応。。。。

だけどさぁ、無記名 試験てどうなのよ!!!

生徒たちは
「無記名だし、学校の成績には関係ないから
テキトーにやった」
と 言ってるそうだ。

そりゃそうだろな。

しかも、学校平均点とかも出さないそうだ。
都道府県の「正答率」だけ発表。

意味わかんね。


なんかさぁ、結局 点数主義にするのか、
「ゆとり教育」するのか 迷走しすぎだろ。

どうしたいねん、 文科省!

どっちが正しいとか わかんないけど、
とりあえず、ころころ変えるのやめろって 言いたい。

全国テストしたいなら、点数出せ。
名前も学校も出せ。
成績上位者も張り出せよ。

「正答率」なんて 言葉のごまかしだろが。
(ノ`△´)ノ ばかばかしい

しかも 昨年のテストについて 文科省のコメント。

(小学6年生について)

「相当数の児童が今回出題している学習内容を
おおむね理解していると考えられる」

で、算数A(主に知識を問う)は 平均正答数は82.1%
19問中 15,6問は正解だったという。

これだけきくと、なぁんだ 学力低下してるなんていうけど
そんなことないじゃん、て思うけど

1問目の問題
      28+72

。。。。。。あの。小学校2年生でその問題とけるんですけど。。。。。

ちなみに19問目
「16cmのひもを使って長方形を作ります。タテの長さが3cmのとき
ヨコの長さは何cmになりますか」

もう1回いいますが 小学校6年生の問題です。

あほかぁぁぁぁぁ。
こんな問題できて おおむね理解してるって  何がじゃ!

2006年に国立教育政策研究所の調査で

「3+2×4」を 4割の小学6年生ができなかったんだって。

それから小学校4年生が
「挙手」「改行」「子孫」などの読みが 8割できなかったんだと。 


大切なのは「みんなができる問題」を作ることでも
テストの点数で競わせるのでもなく

子どもたちの「本当の理解度」を
確認して 指導する側の参考にすることじゃないのか?

それなのに、あちこちに「配慮」(←ばかばかしい言葉)するから
骨抜きになっちまう。

やりたいことが はっきりしてないから
せっかく60億円もかけて 全国実力テストやっても 
問題自体も 中途半端なクソ問題、
実施の仕方や結果の出し方も 中途半端、
なんの役にもたちゃしない。



話が変わるけど
今の 成績表って 見たことある?

昔は 「相対評価」ていう 成績のつけ方で、
例えば中学校なら

「5」・・・・成績上位7%
「4」・・・・その次の24%
「3」・・・・真ん中の38%
「2」・・・・その次の24%
「1」・・・・下位7%

って 決まっていた。
つまり 「5」をとる子もいれば「1」をとる子もいたわけだ。
人数が 決まっていたから。

ところが、今では「絶対評価」という 成績のつけ方になって
成績上位何%が 「5」とか決まっていない。

学校が決めた基準で つけるので
ぶっちゃけ 全員「5」でも いいわけだ。

周りの子に関係なく、授業の内容を 全部理解し、
学習意欲(←今これ重視ね)があれば 全員「5」

でも 世の中そんなにうまくいかない。

絶対評価にした 結果、どうなっているかというと
実情は こうだ。

A中学校で 「5」をもらえるのが 36%の生徒。
B中学校で 「5」がもらえるのは 1.4%
さらに
C中学校では 「5」は 30%以上もらえて 「1」と「2」は
誰にもつけていない。

こんな 感じ。

で、塾の先生に言わせると

『塾のテストで75点を取る子と25点の子が同じ3で、
50点の子が2だった。』 
  ダイヤモンド

これじゃ 家庭で どうやって 子どもの学力を把握したらいいんだ?

あたしが思う「絶対評価」ってのはさ、
例えば、A中学は 優秀で 80点以上とる子が36%いる。
B中学は 同じテストで 80点以上とる子が1.4%しかいない。

だから、A中学では 「5」が 36% B中学では「5」が1.4%

これなら分かる。

でも違う。
同じ成績でも 学校の評価のつけ方によって 
「5」だったり「3」だったりするんだ。

これは おかしいだろ。
だって 高校を受験する時は 内申点(=成績表)が
重視されるのに、同じ基準で判断されてなかったら意味ないし。

日本の教育は「絶対評価」の使い方を
絶対間違えている。

評価がブレないから 「絶対」 であるべきなのに
「授業態度」とか「学習意欲」なんて 点数や上下のつけにくいものを
重視した結果、
客観性を 失ってしまった。

客観性のない 成績表なんて 無意味だ。

たしかに学習意欲も大切だ。

だからって学習意欲が 「あるように見せかける」技術だけに
長けた子どもができたからって 何の意味があるんだろうか。

成績なんて そもそも相対的なものだ。
そして客観的なものだと思う。

数字ではっきりしていたから、教師に嫌われようと、
ゴマすろうと 「5」は 「5」だったのだ。

それが 今では はっきりした価値基準が
どんどん見えなくなっている。
はっきりしてるのは 先生に気に入られれば、
成績が上がる、ということだけだ。


そんなに 学習意欲を評価に加えたいなら、
そういう項目作れ。

国語・・・・「5」 ただし 学習意欲「1」
数学・・・・「5」 ただし 学習意欲「1」
体育・・・・「2」 ただし 学習意欲「5」

これで いいやん。

つーか これにしろ(笑)
学習意欲を重視したい高校は 学習意欲で内申見ろよ。
結果が 重視なら 成績の評価を見ればいい。

そもそも 学習意欲と結果は別のものだ。
言い換えると 学習意欲はあくまでも「過程」だ。
そして 成績っつーのは「結果」のことだ。

例えば、会社で営業成績はいいけど いつもサボってるから給料down
営業成績まったくダメだけど いつも会社に朝早く出社するから
給料upとか、してくれるか?
そんな会社 間違いなく つぶれる。


学習意欲を重視することに 反対はないけど
それを成績の結果と混ぜて 1つにするから おかしくなる。

「結果」と「過程」は 違うものなのだから、
それを混同するな。

けっきょく「キレイ事」が多すぎるんだよ。

だって その結果として
「努力すれば 報われる」 世の中になったか?

なってないだろ。

金があって 私立に行かせてもらえる子どもたちは
週休2日制なんて とっくにやめてるし、
「総合学習」なんて ばかばかしい中途半端な授業は
廃止してる。

文科省のやってることは 「キレイ事」だらけだ。

100歩譲って キレイ事でも 貫くならいい。

「ゆとり教育」の すばらしい着地点を模索する!
というならいいけど
結局 「ゆとり教育」辞めますって。。。。。

国民をバカにするのもいい加減にしろ。

あんたらの 実験台にされた世代は どないすんだ。


もう1回 日本の教育をどうしたいのか とことん 考えろよ。 

それも考えないで これから先の10年の
指導要領なんて決めるな! アホ




てことで 今日は
教育の現場を 10年間 傍から見続けたうっちの 怒りの巻でした。
( ̄^ ̄)フン!!





ゆとり教育の星 Music ゆとり教育の星

アーティスト:四星球
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2008/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« みまも~るくん | トップページ | 転載は 忘れた頃にやってくる »

コメント

たまたま目に留まった絶対評価の文字、読んでみると涙が出るほど共感する内容…何せ我が子はテスト90点、評価3をもらってくる子なのです。別に怠けているわけではなく、がんばっているのですが注意力が欠如しているもので…(涙)

投稿: ゆっちゃん | 2008年8月30日 (土) 14時37分

そうだ!そうだ!全くだー!
子供が可哀相。 先生に嫌われると、テストが良くても、一気に通知表が下がるらしい… それじゃ、先生にごまする生徒が続出するぞ~
そんなんでいいのかな…=△=

投稿: 通りすがり人 | 2014年5月29日 (木) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みまも~るくん | トップページ | 転載は 忘れた頃にやってくる »