« 名古屋アイス | トップページ | かぶり気味 »

2008年5月11日 (日)

硫化水素の作り方

Doku
警察庁が、硫化水素の製造方法などを記した

ネット上の書き込みを「有害情報」に指定。
硫化水素自殺によって第三者が巻き添えに
合うなど「傷害という違法行為を誘引する」と
判断した。    IT media)

すっかり人気になってしまった 硫化水素自殺


今さらながら ネットでの書き込みは「有害情報」として、
次々削除されているらしい。


そのニュースを見て、
ためしに検索してみたら、(←何でも試してみたいうっち)
googleで 上から3つ目に 本当の作り方が出てきた。


?????
ふつーに 検索できるなぁ。


その代わり、割りと多いのが
タイトルは「硫化水素の作り方」だけど、
内容は、全然関係ない記事や、自殺をやめるように呼びかけるブログ。

これらは、「木は森に隠せ」的な発想で 
そういう呼びかけをしてる人がいるらしい。

ま、削除しろ!規制しろ!ていう 頭ごなしの警察庁の考えより
よっぽど インターネット的ではある。


でも 全体数が増えれば、
逆に個別のアクセス数が減るやん、て気もするし。。。


うっちは思うんだけど 「硫化水素自殺」を減らすために
一番効果的な方法は1つ。

メディアで「硫化水素自殺」を 取り上げなければいい。


それだけ。




練炭自殺にしたって、モンスターペアレンツにしたって
給食費未払いにしたって、

大多数の人は マスコミの騒ぎを見て 便乗した組だ。

マスコミの人たちは 楽しいかい?

連日 「硫化水素自殺が またしてもありました」て 報道してて。
「インターネットの弊害ですねぇ」て、なんだそりゃ。


確かに インターネットでやり方が載ったのが先だ。

でも うっちが初めて インターネットで目にしたのは
メディアで報道がされてからだ。

テレビを見て図にのった人が、
あちこちの掲示板に 無差別で

「硫化水素自殺を知ってますか? 簡単に「ノックダウン」できるので
苦しまずに、身近なもので自殺できます」
などと 書き込んでいた。


でも、もともと自殺したい人が集まるようなところでは
硫化水素や練炭以外にもさまざまな方法が書き込まれてる。

はっきり言えば、「硫化水素自殺」は 
全然目新しい自殺方法なんかじゃないってことだ。


検索にひっかからない 「アングラ」サイトに行けば
化学的な自殺方法は 他にも たくさんある。

でも 世の論調は どうも インターネットが悪い、みたいな。

え゛え゛え゛え゛( ̄д ̄)


そもそもインターネットってのは 興味のある人しか
集まらないわけだし。

「硫化水素自殺」に集まるのは 「自殺に興味がある」
中でも、さらに偶然それを見つけた人だけだ。
それは ほんの一部の人間だろう。

それだけでは、人は集まらない。

でも マスコミが「ラクに死ねるとして」なんていうから
自殺志願者が 「硫化水素」に集まった。

日本の自殺者は 年間 3万3千人前後だ。
10年前、爆発的に増えて、その後は同じぐらいの人数で
推移している。
これは 交通事故で死ぬ人の 4~5倍の人数だ。

1日にして平均90人!
自殺大国日本の現状だ。

自殺に成功(?)した人が その人数だということは
潜在的な自殺志願者は その何倍もいるのだろう。

その人々の間に、メディアという 情報伝達の媒体が
一滴のインクを落とす。

「硫化水素自殺はラクらしい」


その影響が どういうものか、想像するのは簡単だろう。

解決策として 
ネットに載っている情報をカットすればいい、とか
園芸品や日用品を売ってる店で 販売の際に注意を促す、とか
なんじゃそれ。

中には、「硫化水素自殺は 実は苦しい」とか
「遺体が緑色に変色して醜くなる」という情報を流してとめようとか、
それもまた ズレてる気がする。

だって、毎日 平均90人の自殺者がいる中で
メディアは 選んで、「硫化水素自殺」だけ 取り上げてるわけだ。

90人も自殺してる人がいたら、
その他の自殺方法のほうが 絶対的に多いわけだろ?

なのに、「話題性」という免罪符をもったメディアは
「硫化水素」となると 群がる。

これを「情報操作」といわずなんと 呼ぶ。

それが 『報道の自由』と言うなら、責任も自分たちで取れ。

「またインターネットの弊害が。。」て ちげぇだろ。

インターネットの情報が人を集めたのではない。
メディアによる情報操作が 人を集めたのだ。


いつものことながら タレ流しの メディアに腹がたつ
うっちなのでした。



自殺うさぎの本 自殺うさぎの本

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する



 

|

« 名古屋アイス | トップページ | かぶり気味 »

コメント

うっちの言った検索方法はわからんけど、適当に検索したら2chで詳しくかかれてたよ

ほんと、メディアも政治もおかすいね~
騒がなきゃ 誰もきずかないのにね~あほだね~

この自殺くさそうだな~

投稿: ろぼ | 2008年5月11日 (日) 22時21分

>ろぼ
「硫化水素」「作り方」の2ワード同時に検索したら出たよ。
「硫化水素の作り方」だと また違う結果かも。
いっそ自殺用安楽死の制度作ればいいのにね。
で、残った体は 検体に回し、使える臓器は全部
ドナーに提供。
最後に人の役に立てるし、よくない?

投稿: うっち | 2008年5月12日 (月) 10時36分

んだんだ。
みんなのために

そこまで考えられるようになったら死ね

生きるって大変なんだぞ!

投稿: ろぼ | 2008年5月16日 (金) 00時19分

だよな。ただで死んじゃうのもったいない。
生きたくても生きれない人のために
役立つためにも 硫化水素なんて毒物で
死んだり、飛び込みでバラバラとかダメだ!

投稿: うっち | 2008年5月16日 (金) 23時09分

いつも 思うが

ショッキングな事件が発生すると

こぞってメディアは取り上げるが

最近は どのメディアも殺害方法などを 詳しく説明してるよね
特に テレビなどでフリップなんかを使って詳しく説明なんてしてるし

こんなの放送したら 直ぐ模倣犯出てくるじゃん?

って 普通に思うのだが……

ま~ メディアの制作側は そんな事は承知上なんだろうが

日本のメディアは犯罪と低年齢者の自殺に 多大な影響力がある事を自覚して

報道の自由をうたうなら 自由には大きな責任が伴う事も自覚して欲しいもんだわ

あぁ~ そっか 自覚してるけど 数字が欲しいから やってるんだった…

投稿: ひで | 2011年3月 9日 (水) 12時42分

政府はなぜ報道規制をしないのか
このような報道で人が死んでいる
これこそ犯罪ではないのか

投稿: R | 2012年3月29日 (木) 12時29分

サヨナラこの世
りょうちゃん心から愛していたよ
二人は結局結ばれる事は無い
俺はもう生きていくのが辛い
独りぼっちは本当に辛い
こんな人生なら要らないから
俺今度こそ死ねるかな
三度目の正直って言うから
本当にこの一年楽しく、辛い一年だったけど、もう後悔はしないよ
サヨナラりょうちゃん

投稿: ノブ | 2012年5月16日 (水) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋アイス | トップページ | かぶり気味 »