スポーツ

2007年3月26日 (月)

フィギュアスケートのツボ

さて かゆい所に手が届くのを目指す うっちとしては、昨日のフィギュアスケートの話は 単なる感想!
せっかくなので フィギュアスケートを見る時に ちょっとだけ「ツウ」になれるコツを伝授。

【フィギュアスケートのツボ 1】  『エッジ』

そもそも フィギュアスケートの選手がはいているスケートのブレードは「∩」の形になっているのは ご存知だろうか?
つまり 刃の部分が 二重になっているのだ。二枚刃。
二枚のエッジの上で 体重移動をすると、弓ぞりになったエッジがきいてすーっと曲がる。
バイクで言うなら 右に体重を傾けると右に曲がるって感じ。
だから 片足をあげていても、体重移動で氷のリンクに8の字を描くように曲がることができるのだ。
外側のエッジが アウト、内側を インと呼ぶ。
ジャンプだ!スピンだ!ていう 前に大事なのが このエッジの使い分けなのだ。

【フィギュアスケートのツボ 2】  『ジャンプ』

なんといってもフィギュアスケートの華。
一口にジャンプと言っても 50種類くらいあるんだって。

ただ 試合で得点になるのは 次の6種類。
難しい順で、
①アクセル ②ルッツ ③フリップ ④ループ ⑤サルコウ ⑥トゥループ

だけど ぶっちゃけ ややこしいから シロウトの大ザッパさでまとめると、
②のルッツと ③のフリップは ほぼ同じ。
④のループと ⑥のトゥループは 同じ種類。

ということで強引に 
  難しい・・・①アクセル ②ルッツ
  
簡単・・・③トゥループ  ④さる公。。いやサルコウ
てことで。

見分け方を説明する前に。
そもそも ジャンプというのは 後ろ向きで始まり、後ろ向きで終わる。(着地は必ず片足)
スケートのつま先の エッジが氷にひっかかるから、前向きで降りるとつんのめっちゃうのだ。
だから 選手は後ろ向きに片足でスーーッと滑っていき、どちらかの足を振り上げるか
もしくは両足で踏み切った反動で回転する。

一番 単純な見分け方は 助走が長いか短いか(笑)
難しいジャンプの時は 跳ぶまでが長い。 
あれは もったいぶってるんじゃなく 必要なスピードとバランスを保つために
そうせざるを得ないのだ。
スーーッと 長く滑ってからジャンプする時は 必ず大技だから、アクセルかルッツ。
もしくは 連続したコンビネーションジャンプだ。

これだけだと 見分けたとはいえないので、さらに詳しく見よう。

うっちにも 見分けられるのが ①のアクセルジャンプ。
解説者が「トリプル(3回転)アクセルです!!!」て よく叫んでるでしょ?
見分けるコツは このジャンプだけ 唯一 踏み切る時に「前向き」で跳ぶのだ。
他のジャンプは背中から入るので すぐ見分けられる。

前向きのジャンプは恐怖心が出て躊躇したり、さっき言ったように エッジが氷にひっかかりやすくて失敗しやすい。
しかも 前向きから始まって 後ろ向きに終わる。。つまり 他のジャンプより半回転 余計に回らなければならないのだ。
トリプルアクセル=3回転「半」
空中に浮いてるのは せいぜい 1秒だから 1秒に3回転半。 すげぇな。

逆に 一番簡単なジャンプは トゥループ。
跳ぶ時には もう片方の足のつま先で氷を軽くけって 両足で踏み切る。
見分け方は トゥループとループ(ループはつま先をつかない)は
きき足(右ききなら右足)で 滑ってくるので 足が逆だなぁと思ったらこのジャンプ。
もしくは 踏み切る寸前に 足踏みしたみたいに足を踏み変えてたらトゥループだ。

同じ両足踏み切りでも ガツッと 氷が飛び散るくらい 強くつま先を氷に打ち付けてジャンプするのは ルッツ。(エッジがインならフリップ)
アクセルの次に難しいので 助走が長く、ガツッと 両足で踏み切ったらこれ。

最後にサルコウは 片足で踏み切り、片足で跳ぶ。
簡単なので あまり助走もつけないで いきなりクルッと 回った時はサルちゃんだ。
見分け方は 踏み切る時に 前に大きく足を振り上げる感じ。
その反動ですんなり回るので 振り向きざま回っているように見える。

以上が見分け方だ。分かった?
おさらいするよ?

前を向いてジャンプしたら アクセル。
きき足を使って滑ってきて、足を踏み変えたらトゥループ。
両足で踏み切り、がっつり氷をけったら ルッツ。
足を振り上げて 片足で踏み切ったら サルちゃん。

ここまで 見分けられると かなりツウな気分になってくる。

*ただ 実際には 「何回転したか」のほうが 見分けにくい。
 審査する人は ビデオのスローで数える。
 

【フィギュアスケートのツボ 3】  『ルール』

あとは この3つのルールを覚えておくと良い。

1つ。 派手に転倒した場合、回りきってから転ぶのと、氷にひっかかってはじめから跳べなかったのでは 点数が大きく違う。転んだら「負け」というわけではない。

例) トリプルアクセル 基礎点 7.5。   転倒は減点1.0。 
   ダブルアクセル 基礎点  3.3。  
ダブルアクセルで成功するより、トリプルアクセルで転倒したほうが 点数が良かったりする。

2つ。同じ種類の 3回転or4回転ジャンプは 2回まで2種類しか跳べない。
つまり得意技ばっか跳んでも ノーカウントになっちまう。
また、高得点の コンビネーション(連続したジャンプ)は3回まで。
今回、キム・ヨナや織田は 連続ジャンプを4回やってしまったので、せっかく決めた
連続ジャンプが0点になった。

3つ。演技の後半に跳んだジャンプは 得点が1.1倍になる。

この3つが分かると 転んだのに高得点だった選手や、ノーミスなのに低得点だった選手の違いが分かる。


他にも スピンやステップ、演技の構成など いろんな 審査要素があるんだけど
上の3つが 分かれば十分だ。

 

最後に 今回の大会でフリー歴代最高記録をたたき出した真央ちゃんのジャンプ構成と
2回転んだけど3位だった キム・ヨナちゃんのジャンプ構成を比べてみます。

フリーのジャンプは最高7回までで、2人ともジャンプは7回だった。(太字は難易度が高)

真央ちゃん
3アクセル           ←両足で着氷してしまった。
②2アクセル+3トゥループ  ←両足で着氷してしまった。
3フリップ+3ループ    ←7つのジャンプの中で最高点獲得
④2アクセル                           ←後半のため 1.1倍
3ルッツ             ← 1.1倍
3フリップ            ← 1.1倍
3ルッツ+2ループ+2ループ  ←1.1倍
   ジャンプでの得点 計 50.01

ヨナちゃん
3フリップ+3トゥループ  ←7つのジャンプの中で最高点獲得
②2アクセル+3トゥループ
③2アクセル
3ルッツ             ←転倒  後半のため1.1倍
3ルッツ+(シークエンス) ←転倒 1.1倍
⑥3サルコウ+2トゥループ ←4つ目の連続ジャンプのため 0点
⑦2アクセル            ← 1.1倍
      ジャンプでの得点 計 32.76

こんだけ点数が違うのは 「転んだ」ということだけではなく、ジャンプの難易度や
ヨナちゃんの ⑥のジャンプが 後半で0点ということが大きい。
むしろ ジャンプの質ではキム・ヨナのほうが点数はいいのだ。
逆に言えば、真央ちゃんには まだ 伸びしろがあるってことでもある。
総合で200点を超えるのも あながち夢じゃないってことだ。

2人の 16歳の あまりに違う "キスクラ"の 表情が印象的だった。明と暗。
次回の対決を見る時は ぜひ ツウの目で 見てあげてね。 


 



エアロちゃん / ぬいぐるみ (S) Toy エアロちゃん / ぬいぐるみ (S)

販売元:ハートランド
発売日:2007/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する





| | コメント (2)

2007年3月25日 (日)

世界フィギュアスケート選手権

2007年世界フィギュアスケート選手権女子
 金メダル  195.09点 安藤 美姫(19)
  銀メダル  194.45点 浅田 真央(16)
  銅メダル  186.14点 キム・ヨナ(16)

キタ━(゚∀゚)━━ッ!!!
金メダル・銀メダル オメトウッッ!!!
瞬間最高視聴率 50%超だと。 すげぇな。おい。

劇的だったね!本当に。オイラは 真央ちゃんの演技後のガッツポーズで泣いちゃったよ。

残念だったのは 前日のショートプログラムで 歴代最高得点を記録した 韓国キム・ヨナが転んじゃったことだ。2回も。。。
キム・ヨナの演技の時は デビルうっちは 「転べ~」って 念じておるのですが、
エンジェルうっちは「がんばれ~~~」て応援するわけだ。
やっぱり せっかくなら全力を出し切った キム・ヨナと勝負した上で勝って欲しかった。。。というのは 勝った今だから言えることだろう。

でも キム・ヨナ綺麗な~。
ジャンプ、スピンとも正確で安定感がある。
その上 クラシックバレエ的に見て、指先までピンと 伸びてて、腕(アーム)の動きや
首のつけ方が柔らかい。芸術的。

この点は 日本の選手は誰も かなわないね。

一方 真央ちゃんは 体が柔らかくて柔軟性はあるのに、指先まで神経がまわってないし、
首のラインがとても硬い! なのに その「硬さ」が 「一生懸命」っぽくていいのだから
これまた 不思議な魅力だ。
演技終了後、大粒の涙をポロポロ流す真央ちゃん見て、キュンキュンした。
本当にすごいプレッシャーだったんだなぁ、て思うと
些細なことでストレスを溜めてる自分が とてもとても小さく感じてしまう。
真央ちゃんの「スケート好き♪」て オーラは 見てて気持ちがいいもんだ。

そんでもって 金メダルのミキティ。パチパチパチ
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

トリノオリンピック後に引退まで考えたという「迷う弱さ」があったからこそ、
この金メダルの重さも違うよね。
真央ちゃんの言葉を借りるなら、今年「世界で一番」てことなんだよね。
今の道を選んでよかった、て 神様が言ってるよ。

ミキティを見てると、「そんなにツライなら辞めちゃいなよ」て 周りに言われたら
「そうだよね~」て辞めてしまいそうな弱さを感じる。
人に流されてしまいそうな 心の弱さ。
トリノオリンピックで 4回転ジャンプを失敗した後、続くジャンプを失敗しまくる弱さ。

今年になって 見違えるくらい強くなった姿を見ると、
よくぞ乗り越えた!て 拍手を送りたい。
顔つきから迷いが消えて、シャープになったし、雰囲気が変わったと思う。
常盤貴子かと思ったよ。(言いすぎ w)

考えてみたら19歳だもんね。
普通の19歳っていえば 受験だ、就職だって 自分の人生 迷う時期だよね。

「勝つ」ことは大切だと思うけど、勝つためには「勝つ心」が必要なのだと、
しみじみ思った、そんなフィギュアスケート観戦です。

絢香の歌う 「I believe」が とても 心にしみました。

  <オマケ> ~I believeの歌詞を知らない人に~

この胸の中に隠れている 不安のうず
目の前にある 自分の進むべき道はどれか

人に流されてた日々 そんな自分に「さよなら」

I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I believe

皆さまも ぜひ、信じる道を。。。


 なんといっても イケメンスケート選手に夢中なら。。。
      ↓  ↓  ↓

COLORS 2007 Book COLORS 2007

販売元:あおば出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

シンクロナイズドスイミングの謎

オーストラリアのメルボルンで 世界水泳選手権のシンクロナイズドスイミングが行われている。

昨日(3月21日)は 8人のチーム戦で 銀メダルを獲得。

これで 4日連続 日本はメダルを獲得した。

さて、我が家では ここ数日 毎晩シンクロを観戦中。
父が 必ずチャンネルを合わせるのだ。
平たく言えば、まあ「美脚」が お目当てです。
オイラはにとっては どうでもいい。。。


ところで 気になったのが シンクロナイズドスイミングには なぜか 黒人選手がいない。
キレイに上がった 足は 白・白・白。。。
なぜ???
いっそのこと オセロみたいに 白と黒を交互に入れて 視覚的に楽しむってのはどうかと心の中で提案。

で、調べてみた。


すると 意外な事実。
黒人選手は 人種的な特徴で 水に浮かないんだそうだ。
『黒人の体は 筋繊維の詰まった 良質な筋肉をもっていて、水に浮くことができない』

簡単に言うと 同じ体重でも 筋肉が多いか 脂肪が多いかって 話だ。
油は 水に浮くよね?つまり 油分が足りない。
黒人選手は筋力があればあるほど 泳げないのだ。
逆に 水に浮けるくらい筋肉がない人はアスリートとしては 使い物にならない。

特にシンクロは 「浮く」ことが 絶対条件だから 黒人選手がいないって わけだ。

そういや、シンクロ選手は 脂肪をつけるのが大変だとかきいたことがある。
毎日 5000kcal 食事をとるんだと。
朝・晩 ご飯3膳は当たり前。
それでも練習後には 1日で体重が12㎏落ちるっていうんだから すげぇ。

そう思って 選手を見てみると 確かに美脚だけど 胸板とか厚い!
まるでボディビルダーだわな。
その上、水の中では 3分間ほど 息が止めていられるんだと。
エラでも ついてないか?

ビューティフルマーメイド、という宣伝文句が オイラには 「美脚・エラ・マッスル」にきこえてくる。

人間は水に入ると 陸上より 心拍数が落ちる。
普段より1分間で10~15回分くらい 心臓の ドクッ ドクッてのが 減るわけね。
でも ジャンプしたり 足を上げたり、激しい動きをするから 心拍数が急激に上がる。
そうすると その差のせいで 失神しそうになったりするんだって。

過酷~~  w( ̄▲ ̄;)w
マゾヒティックな人間でもなけりゃ やってられんな、こりゃ。

ちなみに 今日は 鼻栓なしで泳げちゃう脅威のフランス人選手デデューも出てくるとかなので
お暇な方は 美脚・エラ・マッスルたちを 見てみるのはいかがでしょうか。


あ あと 大切なのが プール脇のステージの 特大ヤクルトね。
ここ要チェック!!!
すんげぇ でかい(笑) 本当に笑っちゃうから 見てみてチョン・ジヒョン♪




Virgin―ビルジニー・デデュー写真集 Book Virgin―ビルジニー・デデュー写真集

著者:大村 克巳
販売元:集英社インターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)