日記・コラム・つぶやき

2008年5月12日 (月)

かぶり気味

先日の「硫化水素の作り方」を書いた後、
ネットの記事で、ダウンタウンの松本が
マスコミが騒ぐから悪いみたいな発言をしたそうだ。

どうも、話的にかぶりまくり。。。orz

その記事読んで 萎えた。

なに、松ちゃんと同じような発言してるんだ、あたし。

今週の 世界一受けたい授業でも
検死のネタ かぶってるし。

なんか やたらと かぶり気味です、
萎え気味ですが、相変わらず体調に合わせて
手抜き進行で いかせていただきます。

| | コメント (2)

2008年4月22日 (火)

転載は 忘れた頃にやってくる

最近、裁判員制度について
何度も記事にしてるので、
以前 うっちが別の場所に書いた、
裁判員制度についての記事を転載しときます。

『裁判よりサイパン』    (2006年10月20日)

2009年の5月までに 日本では 「さいばんいんせいど」なるものが
開始される。

これって みなさんご存知?

あたしは 2004年に決まった当初、はっきりいって
「陪審員制」と間違ってた。
ほら、アメリカの映画とかで 12人の陪審員に向かって
弁護士が熱弁ふるうやつね?

ところが よく聞くと 「裁判員制度」というのをやるらしい。

あたしは 友だちに 知ってる?て 聞いたが、
誰一人として 知ってると言った人はいなかった。
というか 「それ何?」て 言われた。

でも 現実問題として あと3年以内には始まるわけだ。

やり方は、選挙管理委員会の人が 「くじ」で来年度の
裁判員になる人をチョイスする。
その予定者名簿から、地方裁判所ごとに 
さらに「くじ」で 選ばれるのだ。(いっそ 有罪無罪も「くじ」にする?)

裁判の内容は「刑事裁判」
簡単に言うと 殺人・放火・強盗・傷害などの事件ね。

審理に参加して 証拠の取調べを行い、有罪・無罪を決め、
有罪なら刑の種類や重さ (懲役○年とか、市中引き回しの上
磔、獄門とか、火あぶりとかね)を決める。
あ、もちろん本職の裁判員も一緒にやるのよ。


皆さんは どうです?
行きたい???

ちなみに これは選ばれちゃうと 「あたしはいきませ~ん」
というわけにいかない。
拒否をすれば罰金。

例外はあるけど、70歳以上とか、過去5年以内に
裁判員になったとか 地方自治体の議員とか 重い病気とか
本人がいないと仕事上どうにもならない(超有名人)など、
なかなか われわれには当てはまりそうにはない。

そもそもこの裁判員制度を取り入れた理由。
裁判を長引かせないため。それから 司法について
もっと一般の人に理解してもらい、日常感覚を量刑に繁栄させるため。
などがあげられている。

つまり、裁判見てて、そりゃねぇだろって 人が多くても
今の裁判は 過去の判例にとらわれているので
もっと 現代の人の感覚で 罰を下せるわけた。


だけどさぁ 有罪か無罪はともかくとして
懲役○年とか どこが妥当で どこが日常感覚なのか 分かるか?


少し 他国と比べてみますが、
アメリカイギリスでは 12人の陪審員のみで 有罪無罪を決めます。
刑は本職の裁判官が決めます。

フランスでは 陪審員12人 プラス 本職の人3人でやります。

ドイツでは 各種団体の「推薦」で選ばれ「参審員」となった人々が
ある一定期間 いくつかの事件を担当する。
日本の制度に近いけど、いくつかの事件をかけもつので
ある程度 裁判に詳しくなれるため、その経験を司法の場で生かせる、
つまり 名誉職的な感覚がある。

なんか びみょ~に 日本の制度とは違うのだ。


問題点としてあげられてるのは
まず 長期拘束が 予想されること。
たとえば 「地下鉄サリン事件」の担当なんかに 選ばれてみぃ?
何年やるねん!
さらに、守秘義務が一生ついてまわるんですが、ついポロッと
言ったりすれば、懲役 or 罰金です。

さらに、殺人犯(かもしれない人)と 顔を合わせるんだよ!
普通の生活してたら 一生かかわらずに 暮らせるのに
何を好んで 下手すると恨まれるかもしれない危険を おかすのよ!
いくら 本名が明かされなくても、同じ地方にいるわけですから
ばったり会う場合もあるわけですわ。  コワッ
死体の写真だって 見たいか?

一生のうちに裁判員になる可能性がある人は  67人のうちの1人というから
宝くじにあたる確率より よほど高い。

あたしはさ、 裁判員になったら 多分 従うよ。
興味あるし。

でも、こういう重要な法案がだよ、全然 国民の意思を無視して
決められちゃったことに とても 腹がたつ。

国会で衆議院は 全会一致で 可決した。
野党は 何してるの?
マスコミは 何してるの?

たしかに 当時、国会は揺れてて、国民年金不払い問題なんかで
騒ぎがあったけど、もともと 裁判員制度ありき、というか
「やるか?やらないか?」ではなく
やるとしたら「問題点は何か」という議論しか なされなかった。
どうしてさ! 反対する権利はあるだろう。

だって 守秘義務とか呼び出し無視したら 懲役や罰金になる可能性あるんだよ。

国民が納得してから やろうよ。
問題点なんて やってみなきゃ分からない議論をしてても
本当に 無意味!!


国民の4割が知らないと 答え、7割の人が 「行きたくない」と答えてるのに。


しかも、「刑事裁判」だけをやる、という話にも 実はウラがある。
アメリカなんかは 映画とかドラマ見ててもわかるように
「民事裁判」も もちろん陪審員が決める。

はっきり言うと たとえば 自国の企業と他国の企業が争う裁判なんかの場合、
やはり 自国の企業のほうが有利な結論が出やすい。
そりゃそうだよね。
実際 アメリカの裁判で 日本は 多額の賠償金を払わされたりして
泣かされてきたのさ。

今度は アメリカの企業が 日本で不利になる番だ。
そこで 心はアメリカ人 アメリカLOVE♪のコイヅミによって
「刑事裁判」だけにしますよ♪と アメリカに了解を得ている。

あぁ なんなんでしょう この国は。

本当に必要なのかどうか あたしには 正直分からない。
始まってみないと 知りもしないで批判はできないからだ。

だけど、裁判員制度の導入の仕方は 納得がいかない。
国民の意見なんか まるで無視の 特権意識のセージ家どもに
反対の1票なのだ。

最後に一言、

 裁判よりも サイパンに行きてぇぇぇぇぇぇぇ!

裁判という名の 赤紙徴兵。。。南無ぅ!







| | コメント (2)

2008年4月 1日 (火)

新年度の決意

よし。
ブログ更新しよう。

放置プレイを 楽しんできたけど。

そろそろ 復帰しようと思う。


そんな 今日は4月1日。





  エイプリルフールだし。。。

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

2008年初カキコ

みなさま、あけました。おめでとうございました!(すべて過去形にて)

本当にすみません。
更新しなくて半年><
本当に めんどくさがりやなんです。あたし。

気がつきゃぁ 年も替わっておりますわ。

さてさて この半年 何をしていたのかといいますと、

別に 死んでた訳でも 仕事を始めて忙しかったわけでも、
妊娠して子ども生んでたわけでも、離婚して雲がくれしてたわけでも
山形で熊に食われたわけでも、北海道で白熊に食われたわけでもありません。

だら~っと。そう 日々だら~っと くらしておりますorz

ま 細かい事情はめんどくさいので ほっときますが、
一時はヒッキーに なりかけていたという噂。

反動で ここ2ヶ月くらいは あちこちと ふらふら遊んでおります。

今月末には 仙台に いっちゃおっかな。

ついでに 山形でも遊んじゃおうかな?

さらに ついでに東京にも遊びにいっちゃおっかな??的な

しばらくの間、羽をたたんで おとなしくしてたのに
一度飛び立つと 着地点を見失っております(笑)

えっと あんまり このブログも ほおっておくと消えちゃいますので
できる範囲で 更新するとかしないとか。。。モゴモゴ

今年もよろしくお願いいたしまするぅぅぅ。








| | コメント (2)

2007年5月22日 (火)

ただいま宣言♪

みなさま お待たせいたしました。

うっちは 無事に引越しが終了し、本日 回線もばっちりつながりました♪

まだまだ 新生活に慣れておりませんが、

ぼちぼち ブログも復活しようかと 思っておりますので、

これからも こりずに 来てくださいませ。

| | コメント (7)

2007年5月13日 (日)

お知らせ♪

みなさまに お知らせがあります。

うっちは 明日、お引越しします♪

北の地に 移住が終わり、回線を無事につなぐまでの間、

しばし このブログはお休みさせていただきます。

復活する日まで しばし お待ち下さいませ。

今日まで来てくれていた方 ごめんなさい♪

また引き続きの ご愛顧を♪





| | コメント (3)

2007年4月30日 (月)

お礼

いつも みなさん 見ていただいてありがとうございます。

ブログ初めて 1ヶ月ちょいで カウントが1000を回りました。

ここまで続くとは 思ってなかったなぁ。
なんとか 毎日書いてるのも、
見に来てくれる方がいるからです。


長い文ばっかり 書いてますけど またぜひ ちょくちょく
見に来てくださいね。

最近は 夜の9時頃 更新することが多いようです。
もう少しがんばって 続けますので よろしくお願いします♪

| | コメント (6)

2007年3月21日 (水)

ご挨拶。

うっちです。

日ごろ気になることなどツボにはまったできごとを 徒然にとりあげていきます。

うっちの日常から、メディアでの話題、政治や国際情勢など幅広くいきたいと思いますので、
よろしゅうに。



| | コメント (0)